■インプラントの仕組み

インプラントはあごの骨の中に埋め込むインプラント体(フィクスチャー)、インプラント体にねじ止めされるかぶせ物の土台となるアバットメント、そして歯の形をしたかぶせ物からできています。歯には自分の体重に匹敵する力がかかるといわれています。それぞれの部分はその力を支えられるよう丈夫で精密にできています。


■インプラント治療の利点と欠点

  インプラント治療の第一の利点は、失った歯を元通り

近い状態に回復できることです。

他の方法と比べて違和感が少なくしっかりと咬むことが

できます。また残っている歯を削ったり、咬む力を負担

させることがないので他の歯を長持ちさせます。

それが画期的で、すばらしいことだと思います。

欠点としては、手術が必要なこと、治療期間が長くかか

ること、健康保険の適用でなく、高額の器具や材料を使

うので治療費が比較的に高額になります。


■入れ歯と比べると

  インプラントと入れ歯を比べてみましょう。入れ歯は残っている歯にバネをかけえて歯と歯ぐきを支えにして歯を入れる方法です。健康保険の適用も受けることも、手術は必要なく、治療期間も短くてすみます。しかし歯を支えるための装置、(バー、クラスプ)や歯ぐきで支えるための床(あご付き)のため違和感が大きく、咬む力もインプラントと比較すると半分以下です。また入れ歯を入れることで歯ぐきの骨がやせて、修理や作り直しが必要となります。


■ブリッジと比べると

    インプラントとブリッジを比べてみましょう。ブリッジは抜けた歯の料隣りの歯をかぶせて橋渡しをして歯を入れる方法です。健康保険の適用を受けることができ、」基本的に外科手術は必要なく、治療期間も短くて済みます。しかし抜けた両隣の歯が健康な歯であっても削らなければなりません。また支えにする歯にはかみ合わせの力の負担が増えることになり、早期脱落の原因となります。

 ブリッジを入れたことで多くの歯が一度に失われることもよくあります。


■歯を一本失った場合

歯を1本失った場合これを補うには、インプラント、ブリッジ、入れ歯の3つの方法があります。インプラント治療なら健康な歯を削ることなく、他の歯に負担をかけずに、違和感の少ない天然の歯に近い状態に回復することができます。


■歯を数本以上失った場合

あく


■インプラントで入れ歯を支える方法

多くの歯を失った場合、数本のインプラントを埋め込み、入れ歯を支えるという方法があります。インプラントで支えることによって入れ歯は安定し,しっかりと咬むことができるようになります。インプラントの本数も少なくてすむので、手術の負担も少なく、治療期間、治療費の面でもメリットがあります。